2017/07/26

祝詞語彙21

万葉集巻第一より

【二十一番歌】
紫草(むらさき)の にほへる妹を 憎くあらば 人妻ゆゑに 我恋ひめやも

〇恋ひめやも……反語。恋しく思うだろうか、いや思わないだろう。

【補足】
 本歌の大意は「妹」がもし疎ましいのなら、人妻だからといって、恋しく思わないだろう、つまりは「妹」は決して疎ましくないのだ、ということ。
「恋ひめやも」の「恋ひめ」は上二段活用の動詞「恋ふ」に推量の助動詞「む」がついたもの。「や」と「も」はそれぞれ終助詞で、奈良時代には連語として使われることが多かった(平安以降「やは」が取って代わる)。活用する語の已然形につき、本歌のように反語の意味をもつ。

0 件のコメント: