2017/07/27

祝詞語彙22

万葉集巻第一より

【二十二番歌】

河上(かはのへ)の ゆつ岩群に 草生(む)さず 常にもがもな 常娘子(とこをとめ)にて

〇ゆつ……すでにこの頃、一語と見なされているが、もともと「つ」は助詞で「……の」という意味。「ゆ」は「神聖な」。社会的に触れることが禁じられているもの。また、禁足地をも示す。

〇常にもがもな……「もがも」は「……であってほしい」。常であってほしいなあ、つまり、変わらないでいてほしいなあ。

0 件のコメント: