2017/07/04

祝詞語彙6

万葉集巻第一より

【六番歌】
山越の 風を時じみ 寝る夜おちず 家なる妹を かけて 偲ひつ

〇風を時じみ……「時じ」はここでは「絶え間ない」という意味。ミ語法も加味すると全体で「風が絶え間なく吹いているので」。

〇寝る夜落ちず……ここでの「落ち」は「欠けることなく」という意味。毎晩寝床で、ということ。祝詞の慣用表現「もるることなく、おつることなく」の「おつ」と同様の意味。

〇かけて……意味は現代語と同じだが、この語が歌の中で使用されると、何に「かけて」いるのかが書かれていないことが多い。ここでは「心にかけて」。「掛けまくも畏き」という祝詞の慣用表現との関連から、注意したい。

0 件のコメント: