2017/07/17

境内社・相馬神社例祭をとりおこないました


 本日午前10時30分より、当神社の境内社・相馬神社の例祭を、無事とりおさめました。
 相馬神社については輪番制で祭典委員会を運営、本年は美園地区が担当。朝早くから草刈りを初め、諸準備をしていただきまして、ありがとうございました。
 宮司も昨日お宮の中を大掃除しまして、拝殿内に残るさまざまな方の奉納品を拝見しました。
 日露戦争の戦勝、無事帰還できたのを感謝してのレリーフ、すぐ近くにお住まいの方のお婆ちゃんが奉納された御鈴、美園地区から遷座された(移転)際の集合写真など、先人の足跡がここにも残されています。
 もと相馬神社は美園神社と申しまして、名前の通り美園地区にあったのですが、氏子数減少のため部落総出で現在地へとお遷し申し上げたと、北見市史関連の書籍に書かれています。私も読んだのですが、残念なことに細かいところまでは分かりませんでした。
 ところが前述の写真には、昭和32年11月2日としっかり日付が書かれ、運搬に使われた馬の名前がヨジローだったこと、その馬主さんの名前も書かれていました。写っている神職はまぎれもなく当社の初代宮司。
 神社というところは、皆さんよりさまざまな奉納品をいただいて成り立っている部分もあります。この写真についても、どなたかが記念に撮影して奉納しようと考えたからこそ、こんにちでも遷座の経緯を知ることができます。奉納されたものを大切にしてゆかねばならないなと感じた次第です。

0 件のコメント: