2017/07/17

祝詞語彙14

万葉集巻第一より

【十四番歌】
香具山と 耳梨山と あひし時 立ちて見に来し 印南国原

〇あひし時……「あふ」は古語では現代語と同じ「会う」という意味の他に、結婚する、向かう、争うという意味があった。ここでは「争う」

【補足】
「立ちて見に来し」(立って身にきた)のが誰かが、歌の中には書かれていない。播磨国風土記に、十三および十四番歌とほぼ同内容の説話があり、このとき仲裁したのは阿菩大神だったとある。

0 件のコメント: