2017/07/14

祝詞語彙13

万葉集巻第一より

【十三番歌】
香具山は 畝傍を惜しと 耳梨と 相争ひき 神代より かくにあるらし 古も 然にあれこそ うつせみも 妻を争ふらしき

〇うつせみも……「うつせみ」は「うつしみ」とも。今の世の人も。

【補足】
「うつせみ」は神葬祭詞などで、「あの世」に対する「この世の人」として用いられる例ばかり見るが、この歌のように、「神代」または「昔」に対比することもできる。つまり、異界もしくは時間の観念において対比、使用することができる。

0 件のコメント: